Champagne

Alain Robert
アラン・ロベール

地区 ル・メニル・シュル・オジェ
造り手 アラン・ロベール

シャンパーニュ地方のコート・デ・ブラン地区を代表するル・メニル・シュル・オジェで、数百年間グローワー業に携わるロベール家のアランは、悠然として長熟型のブラン・ド・ブランを造りつづけ、充分に熟成をとげたワインのみをゆっくりと市場に送り出すことにしています。
「時間をかけて仕上げることは、なにも特別なことではなくて、この地方では誰もがやっていたこと。本物のシャンパーニュを造るためには、当然のことです」。温容をたたえながらも妥協を排するアランは、伝統をまもりながら独自の優雅な味わいを築きあげています。






栽培  
栽培品種
自社畑面積
土壌
醸造

▲ページのトップへ

トップ > 生産者紹介 > フランス > シャンパーニュ >アラン・ロベール