Champagne

Domaine Vouette Et Sorbee
ヴェット・エ・ソルベ

地区 
造り手 ベルトラン・ゴトロ

造り手:ベルトラン・ゴトロは、代々農業とブドウ栽培を家業とする家系で、当社でご紹介しております《リシャール・シュルラン》は母方の従兄弟。兄が農業を受け継ぎ、ベルトランはブドウ畑を受け継ぐ。父の代まで化学肥料を使用していたため、収穫量が大変多く、ブドウを協同組合に販売。1992年にベルトランが畑を継いですぐさま有機栽培に転換、’93年から除草剤の散布を中止。しかし、長年にわたる化学肥料の影響で樹勢が強く、なかなか収量を抑えることができず、理想のブドウを得るまで時間がかかる。ようやく2001年ヴィンテージを最初のリリース。その間、土壌分析の世界的権威であるクロード・ブルギニョンに栽培の教えを乞い、‘98年からはビオディナミを実践。’99年からアンセルム・セロスのかたわらでシャンパーニュ造りを学んだ。






栽培ビオディナミ
栽培品種 シャルドネ 1ha ピノ・ノワール 2ha (Vouette(ヴェット))
ピノ・ノワール 1ha (Sorbee(ソルベ))
(※全部のブドウは、平均樹齢20年)
自社畑面積 4ha  (Vouette(ヴェット) : 3ha / Sorbee(ソルベ) : 1ha)
土壌 3/4以上がキメリジアン階の斜面、残りの1/4は純粋なポートランド階の断片的な地層。
醸造 伝統的なコカール式垂直プレス使用。樽発酵・熟成。
※多くは225リットルの樽を使用。
シャルドネのみ、2002年に買った400リットルの樽を使用。

▲ページのトップへ

トップ > 生産者紹介 > フランス > シャンパーニュ >ヴェット・エ・ソルベ