Champagne

Laherte Frères
ラエルト・フレール

地区 シャヴォ村
造り手 ティエリー・ラエルト

エペルネの南西Chavotシャヴォ村にあり、ラエルト父子は有機栽培への転換で、新たなステージを歩み始めた。27歳のティエリー・ラエルトは新世代の意欲的な仲間と切磋琢磨し、意欲的に新境地を切り開いています。ラエルトはまだまだ発展途上中ですが、急速にクオリティが向上することは間違いない。畑は、以下10の村にある75区画の小さな畑に広がっている。

先ず第一に、最高の可能性を引き出すため鋤で耕している。春に、全ての区画を鋤で耕し、畑をより健全な状態にし、ブドウの育成に必要な自然のメカニズムを引き出す。秋に、根が表面に張らないように深く耕すため、根っこは、より下層のチョーク質土壌まで延びていく。手作業による耕作、低い収量、注意深い畑の管理、エコロジーで天然植物衛生の保護などにより、高い品質の果実が得られる。

最も古いブドウ樹は手入れを入念にしており、60年以上の樹齢のものもある。これらの古い区画は、各ヴィンテッジを純粋に表現している。それらのブドウの根っこはワインにミネラル感を、ワインの味覚に優雅さと長さをもたらすため、非常に大切なものをもたらしてくれている。






栽培 ピオロジック
栽培品種 ピノ・ムニエ、ピノ・ノワール、シャルドネ、フロモントー、プティ・メリエ、ピノ・ブラン、アルバン
自社畑面積 10ha
土壌異なる10の村にわたる75以上もの区画は土壌が異なり、大きな多様性をもち、異なる性質のワインを生み出す。それぞれの特徴は重要な役割があり、これら全ての特徴をワインに映し出そうとしている。
醸造2つの伝統的な垂直式プレス機で圧搾。20年以上にわたり樽で醸造。
70%以上のワインを樽で醸造している今日では数少ないドメーヌの1つ。 ビン詰め後の熟成期間は24ヶ月以上、ヴィンテッジ・シャンパーニュは4年以上。 デゴルジュマンのドザージュは4~8g/l。

▲ページのトップへ

トップ > 生産者紹介 > フランス > シャンパーニュ >ラエルト・フレール