Champagne

Richard CHEURLIN
リシャール・シュルラン

地区 オーブ県 セル=シュル=ウルス村
造り手 リシャール・シュルラン

リシャールで5代目になるブドウ栽培農家。1919年より自家でシャンパーニュを造り始めた。
リシャール曰く、「いずれのキュヴェも香りに集中力があり、内側に緊張する力と広がる力のバランスがとれ、軽やかで上品な味わい。
この価格帯のシャンパーニュの中では、明らかなクラスの差を感じさせてくれる。とりわけフィネスに溢れるキュヴェ・H・ミレジムとキュヴェ・ジャンヌは、長く熟成させて楽しんでほしい。」とのこと。蔵元では、伝統的な木製の垂直型プレス機と手作業で行われるルミュアージュ、伝統を守りながらクオリティの高いワイン造りを実践している。






栽培 リュット・レゾネ (キュヴェや区画によってはビオ認証取得済み)
栽培品種 シャルドネ、ピノ・ノワール
※コトー・ド・ルルスに位置するセル・シュル・ウルスは、畑は南斜面にあり、きわだった日照に恵まれ、晴天は年間200日以上に及ぶ。
マルヌ県より標高が高く、春に遅霜禍にあいやすいため、シャルドネより開花が遅いピノ・ノワールの方が育てやすい。また、この地区ではマルヌやコート・ド・ブランに比べて石灰質が少ない土壌(シュルランでは40%が粘土まじりの石灰岩土壌)で、日照が少ない年にはシャルドネは、酸が突出した味わいになるため、ピノ・ノワールが多く栽培されている。
自社畑面積 8.5ha
土壌オーブ地方ではキメリジアン階とポートランド階の石灰石、
粘土まじりの土質で、ピノ・ノワールは濃醇な酒質でフィネスが備わる。
醸造伝統的な木製の垂直型プレス機を使用。マロラクティック発酵。
(オーブではほとんどの造り手がプヌマティック=マンブラン式プレス機を使用)栽培はできるだけ自然に行い、この10年間農薬を使っていない。

※オーブでは石灰岩、粘土まじりの土壌に、小石の層や赤い土の層が入り組み、畝によりキャラクターが大きく異なる。そのため10から12の異なる畝を有するシュルランでは、それらの個性を生かすために、畝ごとに醸造を行う。

▲ページのトップへ

トップ > 生産者紹介 > フランス > シャンパーニュ >リシャール・シュルラン