Alto-Adige

Hartman Donà
アルトマン・ドナ

地区 ミッターベルク
造り手 アルトマン・ドナ

すべては、コルナイアーノに位置する家族規模の、小さくも貴重な畑から始まった。 アルトマン・ドナは、コルナイアーノで育ち、幼かった頃から働くその場所で、自然と栽培、ワインへの思いが生まれた。ドイツで栽培醸造の学問を修めたのち、アルト・アディジェに戻り、カンティーナ・ディ・テルラーノでエノロゴとして働き始めた。1994年から2002年の間に得られたたくさんの経験から、個性溢れるテロワールを見極め、その大地の持つ偉大なポテンシャルを感じ取るようになる。

2000年、初めてのワインとなる、彼が所有するコルナイアーノの畑産のピノ・ネロ種の”ドナ・ノワール(Donà Noir)”を醸造しようと決意。2001年、”ドナ・ルージュ(Donà Rouge)”と”ドナ・ブラ(Donà Blanc)”によって、ドナのラインナップが完成。これらの2つのワインに用いられているブドウ品種は、メラーノにある素晴らしい眺望の畑で収穫されたもの。とても険しいところにあるブドウ畑で、ときには傾斜が70%にもなり、非常に高い樹齢。すべて人の手によって行われる作業から、比類ないワインが生まれ出る。



栽培ビオディナミ
栽培品種 シルヴァネール、リースリング、フェルトリナー、ゲヴュルツトラミネール
Pinot Bianco, Chardonnay, Schiava, Pinot Nero, Lagrein
自社畑面積 4.5ha
土壌 
醸造プヌマティック・プレスを使用。基本的に酵母添加は行なわない。 必要があれば、清澄を行なう。ブドウの健康状態に応じて、So2の使用の有無を決定。 熟成は、30%はアカシアの大樽、残り70%は、ステンレスタンクにてシュールリーで7ヶ月間熟成。

▲ページのトップへ

トップ > 生産者紹介 > イタリア > アルト・アディジェ > アルトマン・ドナ