Lombardia

Cantine Angelinetta
カンティーネ・アンジェリネッタ

地区 Domaso ドマーゾ、(コモ湖近辺)
造り手 エマヌエーレ・アンジェリネッタ

カンティーネ・アンジェリネッタ農業会社は、コモ湖の湖畔にあるドマーゾに位置しています。
昔から代々引き継がれてきた家族規模の農家は、商業用のワインをつくるという夢の実現のため、2008年にその姿を変えました。
エマヌエーレ・アンジェリネッタ自身は、ミラノ理工科大学建築工学部に通っている間にワイン造りに関わる初めての経験をしました。2008年に転換点が訪れました。それは、レオ・ミリオ教授との出会いです、2人が出会った後、教授は所有するブドウ畑の管理運営をアンジェリネッタにまかせる、という決断をしました。その畑は、土着品種であるヴェルデーゼが植えられていることが特徴です。
セラーと試飲室を兼ねるショールームを併設したワイナリーは、教授の所有するすばらしいヴィッラの中にあり、そこからは信じられないほど美しい魅力的な眺望が得られます。
ドマーゾにあるブドウ畑は、険しい山の突起にしがみつくように設けられていて、モルタルを使わないテラスが組まれています。このような環境では、作業はすべて人の手によって行わなくてはなりません。
ワイン以外にも、このワイナリーは10年以上にもわたって、アカシア、シナノキ、ミッレフィオーリ、クリなど、数種類のハチミツを生産しています



栽培
栽培品種 ソーヴィニョン、ヴェルデーザ、リースリング、スキアーヴァ、メルロ、
サンジョヴェーゼ、クロアティーナ
自社畑面積
土壌砂利が多く石灰質
醸造除梗後、低温で浸漬を行う。やさしくプレスした後、ステンレスタンクに移す。

▲ページのトップへ

トップ > 生産者紹介 > イタリア > ロンバルディア > カンティーネ・アンジェリネッタ