Piemonte

Azienda Agricola Marcarini
マルカリーニ

地区 ラ・モッラ
造り手 ジュゼッペ・マルカリーニ

 数百年をへるマルカリーニのワインセラーは、ラ・モッラの中心部に位置しており、バローロワインは定かならぬ昔からこの地で生産され続けている。
 マルカリーニ家のワイン生産は、19世紀の後半に始まったが、当初は家族と友人たちの小グループのあいだで消費することを目的としていた。1960年初期に、公証人を務めるジュゼッペ・マルカリーニは、彼のワインを市場で売り出すことに決め、こうして現代のマルカリーニ・ワインに生命を吹き込んだのである。
 マルカリーニのワイナリーをより理解するためには、その近代的なブドウ畑や醸造設備、あるいは世界的に伸びているマーケットといったもっとも近代的な側面だけを見てはいけない。その歴史と伝統に目を向けるべきである。
 今日、これまでと同じように、アンナ・マルカリーニ・バーヴァは娘のルイーザとその夫マニュエル・マルケッティとの協力のもと、情熱を持ってブドウ畑を家族で運営し、ピエモンテの、中でもランゲにおける、最も厳格な伝統にそってワイン造りをしている。彼らの祖先、ブドウ畑、セラー、ワインと歴史が、マルカリーニ・ワイナリーなのである。






栽培
栽培品種 ネッビオーロ、ドルチェット、バルベーラ、モスカート
自社畑面積 25ha
土壌
醸造 

▲ページのトップへ

トップ > 生産者紹介 > イタリア > ピエモンテ > ジュゼッペ・マルカリーニ