Piemonte

Azienda Agricola Luciano Sandrone
ルチアーノ・サンドローネ

地区 
造り手 ルチアーノ・サンドローネ

ワイナリーの所有者であるルチアーノ・サンドローネは、バローロ地区でも屈指の生産会社で長らく醸造責任者兼コンサルタントを勤めてきた。そんなわけで、彼のワインメーカーとしての経験は長く、しかも幅広い。しかしながら彼の情熱は、自らの小さなブドウ畑だけに注がれている。その畑の一部は、かねてからバローロ地区でも最高のクリュとして知られてきた、名高いカンヌビの丘に位置するものだ。
産地全域を通じて最高の生産者の一人という、彼にふさわしい認知を勝ち取らせたごく少量のバローロを、彼はここで生産している。偉大なワインによくありがちな攻撃的なタンニンからは解放されているのに、並はずれた長命さに恵まれている。
偉大なる1989年のヴィンテッジから、サンドローネはごく少量だが絶対的にハイクオリティーなバルベーラの生産を開始した。1990年には、セッラルンガ、ラ・モッラ、バローロの町に購入した数エーカーのトップクラスのクリュで、彼は初めての収穫を行った。そしてそこからの収穫をごく少量のワインに「ブレンド」すると、「レ・ヴィーニェ」という名の驚異的なバローロとしてリリースした。
ルチアーノ・サンドローネはまた、疑いの余地なく最高級品のドルチェット・ダルバと、非常に興味深いネッビオーロ・ダルバを、少量限定だが生産している。

栽培 
栽培品種  
自社畑面積 16ha
土壌 
醸造

▲ページのトップへ

トップ > 生産者紹介 > イタリア > ピエモンテ > ルチアーノ・サンドローネ