Sicilia
Benanti
ベナンティ

地区 
造り手 Giuseppe Benanti ジュゼッペ・ベナンティ

ボローニャ出身であるベナンティ家の子孫は、1734年、アオスタ公の子であるサルディニア国王ヴィットリオ・アメデーオ2世が、シチリアにおける繁栄のため、一族の分家に伯爵の称号を与えて送り出した際に、ベナンティを名乗るようになった。
1800年代末になり、ジュゼッペ・ベナンティ博士の祖父にあたるジュゼッペ・ベナンティは、ヴィアグランデ(カターニャ)で、エトナの斜面に広がる彼の父から受け継いだ古い農園の一部で、ワイン造りを始めた。ジュゼッペ・ベナンティ博士は、1988年に同家のワインに対する情熱を再燃させ、エトナの土壌についての広範かつ集中的な探求と、特定クローン品種の研究をおこない、最先端のワイン醸造技術によって昔からの香りを再生させた。
そういった研究の成果から、ユニークな個性を持ったワインが造られるようになった。
エトナ山麓で、樹齢100年をこす畑からシチリアの真髄ともいうべき、数々のエトナ・ロッソを作り出しているベナンティ。






栽培
栽培品種
自社畑面積  
土壌火山土壌
醸造 

▲ページのトップへ

トップ > 生産者紹介 > イタリア > シチリア >ベナンティ