Sicilia
I Vegneri
イ・ヴィニェーリ

地区 
造り手 サルヴォ・フォーティ
Salvo Fotiインタヴュー 

シチリアで理想のワインを探し求めていましたが、遂に出会うことができました。I Vigneri イ・ヴィニェーリ の Salvo Foti サルヴォ・フォーティ はエトナ大学で醸造学を研究・指導するかたわら、Benanti ベナンティやGulfi グルフィをはじめとするシチリア東部の代表的なワイナリーのコンサルタントを長年務めています。が、そのかたわら、過度の抽出による極端に濃厚な色合いと、コンセントレーションの強い味わいの「近代的な」ワインが横行するシチリアで、正反対のスタイルのワインを自身の畑でつくり始めました。標高1200mにある2haばかりの畑〔Calderal村〕で、500リットルの古樽で発酵させる、伝統的な醸造法です。
品種は、ネレッロ・マスカレーゼ、ネレッロ・カプッチョ、アリカンテ、わずかに「フランス品種」といわれるものです。初めて味わったときの印象は、自然な果実味がすーっと立ちのぼり、洗練された上品な味わいの中に、エキスがしっかりと閉じ込められており、かつて大樽で発酵・熟成されていた時代のロッソ・デル・コンテを思い出しました。
初ヴィンテッジの2001年は生産量350本、2002年は1050本だけです。イタリア国内でも、サルヴォが自身のワインを造っていることは知られておらず、輸出先は日本のみです。誰よりもエトナのワインを知る人と評される、サルヴォ・フォーティが造るエトナの真髄です。






栽培
栽培品種 ネレッロ・マスカレーゼ、ネレッロ・カプッチョ、アリカンテ
自社畑面積  
土壌
醸造 

▲ページのトップへ

トップ > 生産者紹介 > イタリア > シチリア >イ・ヴィニェーリ