Toscana

Case Basse
カーゼ・バッセ

地区 モンターニュ・ド・ランス、グー村
造り手 ジャンフランコ・ソルデラ
    グラツィエッラ・ソルデラ
HomePage: http://www.soldera.it
⇒HomePageを翻訳した内容はコチラ

カーゼ・バッセは、モンタルチーノ地区の南西部にある農園にして、同名のワイナリー(Az.Agr. CaseBasse di Gianfranco Soldera)。その地では、名高いブルネッロ・ディ・モンタルチーノを造るために、サンジョヴェーゼ・グロッソ種のブドウが栽培されている。総面積は23haを上回り、以下のとおり、ワインを造る上で地理的に恵まれた立地に置かれている。
・地質:第三期の始新世に由来する丘陵地
・海抜:320m
・日照:南西向き
・気候:雨が少なくて日照に恵まれ、ために霧を生じない
・日射:澄んだ光線
1970年代の初頭、この地はしばらくの間、小作農民が住み着かずに見捨てられており、土壌は耕されていなかった。しかし、そのような状況にもかかわらず、とびきり魅力的な環境に囲まれた、美しい土地であった。そのため、ジャンフランコとグラツィエッラのソルデラ夫妻は、カーゼ・バッセ農園の放つ魅力を知るとすぐに、現代の叡智に根ざした農法を用いて、最高品質のブルネッロを造り出すために、全身全霊を傾けることを心に決めた。


栽培ビオロジック
ジャンフランコとグラツィエッラの二人は、2つの深い信念に基づいた計画を心に描いていた。
・高品質な作品を生み出すためには、自然な栽培にとって理想的な生育環境を形成する、
複雑な《生態系》(エコシステム)が必要である。

・過去の経験は、調査研究から生まれる《革新》(イノヴェーション)に照らして、活かされなくてはならない。すなわち、直感から発し、田園の経験から進化した過去の文化(経験)は尊重すべきだが、最先端の実験法によって合理的に理解し、検証されなければならない。つまり、自然とその法則にのっとれば、土壌や作物を単なる踏み台にすることなく、自然の持っている可能性を最大限に表現することができる。
栽培品種サンジョヴェーゼ・グロッソ
自社畑面積 8ha
土壌第三期の始新世に由来する丘陵地
醸造カーゼ・バッセでは、農園に植わるブドウの樹から収穫されたブドウだけから、ワインを造っている。ワインは、オーク製の発酵槽および樽で造られる。温度コントロールはおこなわず、酵母や他の添加物は一切加えない。逆に、何度も造り直しがおこなわれるし、常時試飲がおこなわれ、またフィレンツェ大学による定期的な微生物コントロールが実施される。
大樽が据えられたセラー(醸造所)は、最適な熟成環境を確保するために新たに建てられ、騒音・温度変化・臭気から遮断されている。

▲ページのトップへ

トップ > 生産者紹介 > イタリア > トスカーナ > カーゼ・バッセ