Veneto

Azienda Agricola Fasoli Gino
ファゾーリ・ジーノ

地区 イッラージ谷サン・ゼノ地区
造り手 

1925年、当ワイナリーを開業したのは、祖父アマディオ。祖父はブドウ栽培を始め、高品質なワインを造るのに必要不可欠な条件である《自社畑から収穫されたブドウを用いた醸造》を実施。父ジーノは、叔父ジージとともにワインを造り、イタリア各地と海外での評価を高めつつ、祖父がはじめたワイナリーの知名度を広げていった。1980年、ビオロジック農法による栽培を実験的に導入。1985年には、ビオロジック農法をすべての畑に導入。1990年、A.I.A.B.から認証を受けるに至った。

栽培、醸造ともに、ビオロジックの基本的な理念を尊重し、できるだけ自然に害を与えない手法を用いて非常に高い品質のワインを造っている。これによって、時が経つにつれて土地と品種の特徴を反映するとともに、薫り高さ、誠実さ、特徴ある個性を身に纏っていくワインを生み出すことが可能になった。



栽培ビオロジック
栽培品種

 

自社畑面積 14ha
土壌

粘土質、および小石交じりの砂質の土壌

醸造 

▲ページのトップへ

トップ > 生産者紹介 > イタリア > ヴェネト > ファゾーリ・ジーノ