Friuli-Venezia Giulia

Borgo del Tiglio
ボルゴ・デル・ティリオ

地区 コッリオ地区
造り手 ニコラ・マンフェラーリ

コッリオ地区はフリウリ=ヴェネツィア・ジューリアの南西にあり、スロヴェニアと国境を接している。1915年までオーストリアの領地であったこの土地は、イタリア有数の白ワインの生産地区。1981年、薬剤師であったマンフェラーリが父の死後、家業の農園経営を引き継ぎ、本格的なワイン造りに取り組み始めた。以来、畑の密植度を高めて収量を抑え、テロワールの影響を際立たせるために畑を小さな区画にわけ、区画ごとの綿密なデータに基づく、細心かつ大胆なワイン造りが続いている。歴史は浅いが、その実力は計り知れない。

「わたしは、この名前を奪われたブドウを決して見捨てるような真似はしない。これは、わたしの子供時代のブドウだったから。たしかに、生まれは卑しくて、気が良くて不運だけれども、従兄弟(たぶん多産性の)貴種たちよりもわたしは好きだ。」とニコラ・マンフェラーリは誓っている。 -バートン・アンダーソン著『ベスト・イタリアン・ワインズ』より



栽培リュット・レゾネ
栽培品種

シャルドネ、トカイ・フリウラーノ、リースリング、ソーヴィニョン・ブラン、マルヴァジーア、 メルロ、カベルネ

自社畑面積 8.5ha
土壌

・Podere di Brazzano ブラッツァーノ-1.62ヘクタール 最も歴史が古く、はじまりは1600年までさかのぼる。 南西向き斜面、泥灰土と砂岩の層からなる下層土が細かく砕かれた土壌。おおむね温暖。 トカイ、マルヴァジーアには理想的な土壌。 ・Podere di Ruttars ルッタルス-2.5ヘクタール 南東向き、石灰層が表面を覆う。かなり冷涼。 アロマ系の白ブドウにふさわしいテロワールで、ワインに独特のブーケが備わる。 ・Podere di Ca’delle Vallade カ・デッレ・ヴァッラーデ-2.5ヘクタール 南西向き斜面で気候は冷涼。シャルドネを植える。

醸造この地区は海に面する畑と山に面する畑で気候に大差があるだけでなく、土質もさまざま。テロワールがワインに与える影響が大きい。そのテロワールを生かすため、さまざまな大きさの発酵容器を用いて、区画ごとにキュベを造る。ワインは重力だけに頼って移し変えが行われている。すべての赤ワインと白ワインの大半は250リットル入りのフランス産バリックで熟成される。

▲ページのトップへ

トップ > 生産者紹介 > イタリア > フリウーリ・ヴェネツィア・ジュリア >ボルゴ・デル・ティリオ