Friuli-Venezia Giulia

Le Due Terre
レ・ドゥエ・テッレ

地区 コッリ・オリエンターリ地区
造り手 ファブリオ・バジリカータ

レ・ドゥエ・テッレは1984年設立された。スロヴェニア国境近くのコッリ・オリエンターリ・デル・フリウリにあるプレポット村に位置し、わずか4.5haの小さなブドウ園を所有。畑は2ヶ所あり、それぞれ土壌が違い、名前の『ドゥエ・テッレ』と『2つの土壌』の意味からきていて、泥灰土と粘土質。
オーナー/ワインメーカー/アグロノミストであるファブリオ・バジリカータと、妻のシルヴァーナ・フォルテの2人で運営する家族経営のワイナリー。造り手:ファブリオ・バジリカータは、大学でブドウ栽培を学び、15~20年間この地域で栽培・醸造コンサルタントとして働いていた人物。長年の経験から、村のテロワールを熟知しており、自分流の流儀を貫き、人から影響を受けることがない。タフガイで頑固。伝統的手法、自然なワイン造りの信奉者。
フリウリの最高傑作の赤ワインと呼ばれるサクリサッシ・ロッソや豊かで濃厚な味わいでかつ繊細さも兼ね備えるサクリサッシ・ビアンコという素晴らしいワインのほか、単一品種のメルロとピノ・ネロを作っている。



栽培ビオロジック
栽培品種

メルロ、ピノ・ネロ、レフォスコ、スキオッペティーノ、トカイ、リボッラ・ジャッラ

自社畑面積 4.5ha
土壌

泥灰土、粘土質土壌

醸造

(白ワイン)樽発酵・熟成

(赤ワイン)ステンレスタンクとコンクリートタンク、また樽発酵

▲ページのトップへ

トップ > 生産者紹介 > イタリア > フリウーリ・ヴェネツィア・ジュリア >レ・ドゥエ・テッレ