Friuli-Venezia Giulia

Miani
ミアーニ

地区 コッリ・オリエンターリ地区
造り手 エンツォ・ポントーニ

ブドウ園は母方一族のものだったが、1980年代にエンツォが引き継いで元詰めを開始。1984年がファースト・ヴィンテッジ。元々は父と一緒にワイナリーの運営は行っていて、エンツォもメカニックの仕事との兼業だったが、1990年代に入って父が死んだので、ワイン造りに専念しはじめた。家族経営のワイナリーで、エンツォ・ポントーニがオーナー/ワインメーカー/アグロノミスト。雇われコンサルタントはなし。エンツォは、メカニックとして17年間働いた人物。非常に控えめな人で、ワインフェアや試飲会には一切顔を見せず、黙々と自らのワイン造りに専念している。



栽培ビオロジック(一部ビオディナミ)
栽培品種

メルロ、レフォスコ、タッツェレンゲ、カベルネ・ソーヴィニョン、ピニョーロ、シャルドネ、 トカイ、ソーヴィニョン・ブラン、リボッラ・ジャッラ

自社畑面積 12ha(うち、8haはリース)
土壌

泥灰質土壌

醸造

(白ワイン)ステンレスタンクでデブルバージュしてからフレンチ・オーク樽で発酵。 破砕・除梗ののちプレス。長時間かけてプレスは優しく行う。
(赤ワイン)ステンレスタンクと木製発酵槽で発酵。

▲ページのトップへ

トップ > 生産者紹介 > イタリア > フリウーリ・ヴェネツィア・ジュリア > ミアーニ